気象警報発令の場合について

基本情報

■暴風警報発令時
当日の授業開始2時間前の時点で暴風警報が発令されていた場合、その日は休講となります。
(例:19:00開始と20:30開始の2コマの授業がある日は、17:00の時点で暴風警報が出ていたら1コマ目は休講になります。18:30の時点で暴風警報が解除されていたら2コマ目は実施されますが、警報が継続していれば2コマ目も休講です。)
大雨・洪水等の他の警報が発令されても休講にはなりませんが、安全を第一に考えて、無理な行動はとらないようにお願いします。

■ 特別警報発令時
警報の種類にかかわらず、 当日15時の時点で特別警報が発令されていた場合、夜間(19時以降)の授業は休講となります。

■ 夏期・冬期講習中
夜間の授業については上記に準じます。午前中~夕方の講義は、午前7時の時点で暴風警報または特別警報が発令中の場合休講となります。

【参考】気象庁のサイト
気象警報・注意報(図表形式) : 西宮市

2019年7月 あすか塾