FAQ(よくある質問)※随時更新

スポンサーリンク
基本情報

あすか塾で保護者から寄せられることのある質問とその回答をまとめました。随時内容を加筆していきます。

スポンサーリンク

塾についての質問

Q. 他の塾と比べて、お月謝はどうでしょうか?

A. 高等部を例にとると、月々のお月謝ならば、他塾は3万円台で毎週授業2回が一般的です。
一方、3万円台で毎週4回(or補習ありで6回)の当塾はコストパフォーマンスの点で市内随一だと自負しております。
このような料金体系をとっているのは、塾は学力を向上させるための場所で、成績の向上のためには学習時間の確保が不可欠という考えからです。
また、「教育費をふんだんにかけられるご家庭は限られている中で、より多くの生徒に学力をつけてあげたい」という、初代塾長の考えも根底にあります。

追記:月謝比較のページを作成しましたので、こちらもご参照いただけると幸いです。(学習塾の料金を比較

Q. 合格実績に難関大学が多いのですが、有名大学進学が主眼の進学塾ですか?

A. いいえ、基本的にどのような生徒も受け入れていますし、私立、公立、専門学校など生徒の志望、習熟度に応じた進学先に合格しています。
近年でしたら看護大学志望の子が多いので、そちらの進学先に対応した指導も行っております。
手前味噌ですが、当塾に通うことで学力がつき、結果として有名大学進学が多くなっている(のであるといいな)と思います。

Q. 塾の雰囲気が知りたい

A.無料体験授業、保護者面談を実施しておりますので、お気軽にご連絡ください。
(申し込みはこちら
また、以下の記事に塾内の内観を載せております。

Q. すでに〇年生なんだけど間に合いますか?

A. 志望校のレベルにもよりますが、受験までの日数から逆算した受験プランを練っていきます。
近年でも、中3、高3春入塾で第一志望校合格のケースは多々あります。
(早いにこしたことはないのですが…)

過去の(特殊な)ケースでは、高3九月に入塾(今津高校出身)→関西学院大学に合格(2020年度)
中3夏期講習から入塾→西宮東高校理数科合格(2019年度)などがあります。

もちろん、現状のレベルと志望校との学力差によって様々なプランがあり得ます。
直近の模試(進研模試等)の成績を持って、まずは塾へご相談にいらしてください。
問い合わせページ

Q. あすか塾ってどんな塾?

A. あすか塾について、詳しくはこちら(あすか塾の特長)をご参照ください。

小、中、高の教室それぞれについて簡単にお答えしますと、

小学生
生徒に「わかる!」が伝わるよう、のびのびやっています。
のちに当初の学力より高い大学、高校に受かった生徒は、小学校から通ってるケースが多いです。
(なお、私立中学受験対策は実施しておりません。)

中学生
定期テスト(内申点)対策に力を入れています。
2週間の試験対策期間を設けて、毎日塾で勉強します。
テストで高得点をマークすることで、勉強に対する高い意識と自信を養います。
テストの出題対策も、西宮市内中学校は創塾以来30年の蓄積(過去問データ)があります。

高校入試も、生徒の実力に合わせたカリキュラムを組み、実績を残しています。

高校生
西宮市内の公立高校(偏差値50前後)から、近畿圏私立大学、国公立大学への合格を目指す生徒が多いです。
近年は看護大学・専門学校対策にも力を入れています。
生徒たちはおおむね当初の実力の1、2ランク上の大学に合格しています
(特筆すべきケースとしては、当塾生が西宮南高校で2018年度学年唯一の国公立進学など。)

一つの目安ですが、定期テストの成績について

  • 上位~トップクラス:神戸大学、大阪大学
  • 定期テスト上~中位:兵庫県立大学、大阪府大、大阪市大等の近隣国公立や、その他の地方国公立、関関同立
  • 定期テスト中~下位:産近甲龍、摂神追桃、大阪工業大学、大阪経済大学
  • 看護大・専門学校志望:第一志望校に合格

といった傾向が見られます。

Q. どういう生徒に向いているの?

A. 以下のようなタイプの生徒には特に効果的な指導をご提供できます。

①成績の上げ方がわからない、志望校の決め方がわからないなど、情報が欲しい生徒

知識だけではなく「勉強のやり方」を教えます。
ノウハウを押さえた勉強法をクリアすることで、成績は飛躍的に伸びます。
(例:定期テスト中位レベル→学年トップクラス
模試D判定→神戸大学合格等)
また、進路相談はいつでも受けることができます。

家から近い人

当塾は阪神甲子園駅と阪急甲東園駅近くに教室を構えています。
自習室は常時自由利用可です。意欲のある生徒が多く通っています。

③なかなか受験の実感がわかなくて、ぼんやりと不安な生徒

普段の授業カリキュラムの中に受験ノウハウが凝縮されているので、課題をこなせば知らず知らずのうちに受験に対応できる実力が身に付きます。
また、生徒向けの受験面談も定期的にしているので、自分の現在位置をしっかりと見極める、また学校では得られない受験情報を得ることができます。
(生徒面談について詳しくは下の記事をどうぞ。)

Q. 人数制限はありますか?

A. 現在は人数制限はしておりませんが(2020年3月現在)例年、特に受験学年では入塾希望人数がキャパシティーを超える状況が生じることがあります。
学年、指導状況によって今後変わっていく可能性もありますので、一度お問い合わせください。

スポンサーリンク

生徒の様子について

Q. 家であまり勉強しているように見えないのですが、私の子どもは大丈夫でしょうか?

A. 個人差はありますが、勉強ができる子も、家では休んでいる場合が多いです。
まれに家でも外でも勉強していないケースもありますが……これは通常大丈夫どころではない成績になるので上の疑問は生じません。

ともあれ、保護者懇談は基本的に夏休み、冬休み前に実施していますが、ご希望があれば 随時受け付けていますので、いつでもお気軽にご相談ください。

高校生については、高校三年間の大まかな生活の流れをまとめましたので、以下の記事をご参照ください。

スポンサーリンク

受験制度について

Q. 大学受験制度について全く知らないのですが……

A. できるかぎりの情報提供をさせていただいています。

国公立大学の入試制度も刻々変化していますし、私立は受験方式が多くて分かりづらいという方は多くいらっしゃいます。

大まかにまとめたページがございますので、こちらの記事「ゼロからわかる、大学入試のいろは」をご参照ください。(2020年2月時点でのデータです。)

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか?

その他にお尋ねになりたいことがありましたら、お気軽にこちらまでご連絡ください。

2020年02月21日
文責 高等部担当S